Post

Prev   

お正月休みと言うことで
まとめて日記を更新

さて、前回の日記に書いた
三世代での温泉旅行なのだが
孫がいるので、動物園と遊園地が近くて
大人は紅葉祭りを開催している公園に隣接する温泉ホテルで一泊旅行をした。
運転は娘の旦那様が担当と言うことで
我が旦那ちゃまもいつもより気楽に旅行を楽しめたのではないだろうか?
私にとっては三世代で温泉旅行なんて、こんな日が来るとは
夢のような出来事でもあった。
ただうれしい反面、孫に引っ張りまわされた感もある旅行だった。
旅行に行った先が我が旦那ちゃまのお姉さんの家の近くでもあり
お姉さんに娘たち親子を紹介することができたり
お姉さんの息子さんつまりは甥っ子が経営するお店で
美味しいお料理を食べることができたり
そんなこともうれしかった。

こんなふうに味気ない日記だと
甥っ子さんの作った美味しいだけではなく
見た目にも美しいお料理なんかを写真入りで掲載すればいいのかと思うけれど
私は以前日記に書いたように写真は掲載したくない。
その場で感じたものをしっかり感じたいし
その場の雰囲気を壊したくないから
カメラを向けるのではなく
笑顔を向けたい。

不器用な私は子供が小さい頃
子供の発表会を楽しむより
写真に夢中になって、発表会を楽しんでいない自分に気づいたことがあるから
それ以来私は何年たっても色あせない心のフイルムに
感じたことを残したいと思っているのである。
スポンサーサイト

Comment

Post Comment

  (設定しておくと編集できます)
非公開コメント

Trackback