FC2ブログ

Post

Prev   

インスタ映え

インスタ映えなんていう言葉が
日常用語として使われている昨今
時代について行けないオバチャンは
写真による表現の中にどれだけの価値があるのだろうか?
などと余計な僻みともおせっかいともつかない
若者文化への否定をひそかに忍ばせていたりする。

若者文化への否定をするような
みっともない大人もしくは老人にはなりたくないと思いつつ
しっかりインスタグラムへの抵抗を感じている自分を
情けなく思ったり
それでいいんだと思ってみたり
この不安定さだけは思春期に負けていないかも?しれない
皮肉な状況なのである。

確かに見た目でわかるインスタグラムのわかりやすさは否定しない
それは今ある文化の魅力的部分かも知れないけど
気が付いたら自分の内面ではそんなわかりやすく
センスのいい情報を求めているわけではない。

私が求めているのは
新聞などの情報のような知的な情報でもなく
インスタ映えするようなセンスがよくわかりやすい情報でもなく
自分にあった等身大の
カッコよくもなく知的でもないけど
生きる勇気のわくような
応援歌的な情報なのかも知れない。

勿論そこにインスタ映えするような写真を撮ることができない
インスタ映えするような美貌を持ち合わせていない
しがないオバチャンの僻みがあることは否定しないけど
しがないオバチャンが生きていく上で希望を持つことができるような
私自身はそんな言葉を発信できるように
年齢を重ねて行きたいと思っているのである。
まだまだ修行はたりなくて
酒行だけの毎日だけどね。
スポンサーサイト

Comment

Post Comment

  (設定しておくと編集できます)
非公開コメント

Trackback

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。