Post

Prev   

「いただきます」は言わない

数年前からの傾向なのだが
親が我が子に「給食費をちゃんと払っているんだからいただきますは言わなくていい。」
と言う親がいるんだとか。
お金を払えばいただきますを言わなくていい。
考え方の違いはあると思うけど
私はそんな親からどんな子供が育つのかと不安を感じる。

豚肉だって最初から肉ではない
ちゃんと生きていて、殺されることなんて望まない命だったはずだ。
そんな命をいただいているんだから
命に対して感謝の言葉や
給食費を払う親への感謝
給食を作る人への感謝などをちゃんと教えてあげる方がいいと私は思う。

特に命に対する感謝に対しては
人間はなんて身勝手なのだろうと思う。
獰猛で残酷だと思われている肉食獣だって必要意外に相手の命を奪ったりはしないと言う。
ところが人間は平気で食べ物を残すし
今や宇宙飛行士が着たと言う宇宙服素材の服だって安価に入る時代に
毛皮を着ていたりする・・・
これも考え方だとは思うけど
食べる以外の目的で動物の命を奪うのは私個人としては嫌だ。

肉だって生きていた命
一生懸命生きていた命だったと知らせることが
動物虐待に、幼児虐待
果てには平気で人を殺すという社会につながらないための
一つのメッセージになるのではないかと
私個人としては思うのである。
スポンサーサイト

Comment

Post Comment

  (設定しておくと編集できます)
非公開コメント

Trackback