Post

Prev   

年齢を重ねて

前回書いた日記で
>それが今年は37歳の女性で、しかも年齢以上に年上に見えるとのこと
この部分が何を意味するかわからないとのご意見をいただき
確かに客観的に、特に男性目線だとわからないと納得したので
これについて書いてみようと思う。

美魔女コンテストなるもの
我が同年位の女性はもとより
40歳代以上の女性からも
「若作りコンテスト」みたいに
どの程度若く見えるかを競うコンテストみたいな思い込みがあり
私も正直そう思っていたから
「若く見えるからってそれが何なの?」と疑問に思うと言うのか
「愚かなこと」とさえ思っていた部分がある。
それが今回は35歳以上と言う規定ギリギリで
若く見えるどころか年齢より大人に見えるとのこと
そして主催者側の「人生経験があるからこそにじみ出てくる美しさ」みたいなものを考えて企画したコンテストだと知り
今までの見た目の若さを競う愚かなコンテストだと言う
誤解と思い込みを反省したのである。

と書いている私も
年齢に関係なくミニスカをはくし
ビキニの水着だって着る。
でもそれは若く見られたいからではなく
年齢に縛られると言う部分を排除して自由に生きたいからで
だからと言って年齢を敵視することなど全くなく
年齢と共に変わっていく自分の変化が好きでさえある。
日本だとおばあちゃんが若い恰好をしていると「イタイ」などと言い軽蔑の対象になるが
外国のおばあちゃんは年齢に関係なく、体型にも関係なく
像のような巨体で
ビキニの水着も着るし、大胆な花柄のミニスカだってはいている
でもそれが私にとってはカッコよく見える。

そんな私でも年齢を重ねたことに対して
年齢を重ねた意義を見出している。
それは自分にとって何が大切なのか若い頃よりはわかってきたことと
自分の考えを前面に出すだけではなく
人の考えを理解しようとしている自分に気づくことが多くなったこと
それに伴い人の立場を理解しようとしていることが多くなってきたことなどだ。
だから一見人の意見に流されて生きているかのようだけど
中心が揺るがないと言う核が自分の内面にあるから、
ほとんどのことは
他人に合わせて行こうと思うことも多くなった。
スポンサーサイト

Comment

Post Comment

  (設定しておくと編集できます)
非公開コメント

Trackback