FC2ブログ

Post

Prev   

紅葉と人生と美人コンテスト

ある程度の年齢になってから、
いつもこの時期に思うこと・・・
それは我が人生と紅葉した樹木を重ね合わせて
自分は何色なのかと問うこと・・・

先日聞いたラジオで
木々の紅葉した色は木そのものの色
つまり本来の色が出てきたとのこと
それって人生に似ていると思う。
若い頃はそれぞれみんな青々と美しく
山の景色を見て微妙に色は違っても
ある程度統一され、調和された美しさがある。

それが時を経て、四季と言う経験を経て
本来の色が醸し出されていく
そんな紅葉した木に変化していく時
その紅葉した色彩は若い頃以上に美しい場合も多いから
人々を魅了し、惹きつけていくことも多いけど
中には木それぞれの色が全体と調和することなく
汚らしいと感じるほどに
それぞれの木がバラバラの色彩であり
美しい枯れ方ではなく
無駄に枯れていくと言う印象を受ける場合もある。

人も同じではないだろうか
その人の生き方が人生経験を経て熟成され
自分のカラーが前面に出た時点で若い頃より美しく
しかも自分だけを頑固に主張するのではなく
周りとの調和を考えることができる配慮を身に着けた時
美しく紅葉したがごとく
美しい姿がそこにあると思う。

人間の場合
歳と共に頑固になることが多いような気もするが
自分の身を守るため?と言う部分もある頑固さが
かえって自分の人生を生きづらくしている場合も多いように思う。

そう言えば先日美容院で読んだ週刊誌に
「美魔女コンテスト」について書かれていたが
今までそのコンテストでトップだった女性たちは
皆様40歳代、50歳代なのに
信じられないくらい若くえる女性が多かったとのこと
それが今年は37歳の女性で、しかも年齢以上に年上に見えるとのこと
そのコンテストの主催者は
本来このコンテストは「年齢を重ねたからこそ内面的に熟成されてその人らしさが出ていること」
「若く美しいだけなら普通の美人コンテストでいいんです。」とのこと
私も自分が美しいとは言えない僻みはあるとは思うけど
「美魔女コンテスト」と呼ばれるものに対して
「これってどうなの?」と言う疑問を抱いていたけど
このコンテストの主催者側の意見を聞いて納得した。
ただ短時間の審査でどの程度その人の人間的魅力を見出せるかは
相変わらず疑問だけどね。
スポンサーサイト

Comment

Post Comment

  (設定しておくと編集できます)
非公開コメント

Trackback

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。