Post

Prev   

オバチャン

夢の中でオバチャンに近い単語を
オバチャンと言い大笑いするおバカな夢を見た。
その主人公のオバチャンはもちろん私
オバとチャンの間に「カ」は入らないし
オバの間に「ア」も入らないのであしからず

自分のオバチャンを認めつつ
それを楽しむなんて夢とは言いつつ
私の憧れの女性(かな?)「大阪のオバチャン」に
一歩近づけた気がしてうれしかった。

なぜ大阪のオバチャンが憧れかと言うと
確かに「女」を捨てている部分もあるかも?知れないし
優雅な感じはしないけれど
人生を楽しんでいる感じが半端ではなく
「どうせならお得な人生」みたいな潔さがカッコイイ

よく「綾小路きみまろ」様が
オバチャンをネタにしてさらには小馬鹿にして
ギャグを言うけれど
それを一緒に楽しんでいる大らかさも
オバチャンの魅力の一つだと思っている。
他の年代、他の性別で
自分を小馬鹿にして大笑いできるおおらかさがあるだろうか?

私も人生楽しみます
傍から見たら図々しくふてぶてしく
優雅さや美しさ欠片もないオバチャンでもいい
人生一度きり
楽しんだもの勝ちと思う私は
しっかりとオバチャン?かな?
スポンサーサイト

Comment

Post Comment

  (設定しておくと編集できます)
非公開コメント

Trackback