Post

Prev   

同級生の死

先週の土曜日
中学の頃の同級生と同級生のご主人が営む居酒屋に
旦那ちゃまと二人で飲みに行った。

以前から
お料理はかなりの腕前と聞いていたご主人のお料理は確かに美味しく
そしてお料理を出すにあたってのこだわりが随所に感じられた
例えばしめさばなどを出すお皿は冷やされていたし
鍋を注文したお客様の鍋に火をつけるタイミングなんかは細かく奥さんである同級生に指示していた。

店内にはジャズが流れていて
和風の店構えと和食中心のお料理に
なぜかジャズがとてもよくマッチしていて快適な空間の中で
美味しいお酒を堪能した。
またこのお店は時々来ようと思った。

帰り際お会計の時に
同級生の死を知らされた。
癌で亡くなったとのことで、その人はクラス1の美人
思わず「美人薄命だね」なんて言ってしまった。
亡くなられた同級生は私が仲良くしていた同級生が
バス停でみんな同じ方向を見ているのでそちらを見たら
今回亡くなられた彼女がいて
みんなあまりの美しさに彼女を見ていたと言うほどの美人
おまけにとても優秀で成績もよく運動神経もよく
「天は二物を与えず」なんて嘘だと最初に思った人だった。

性格も美人は性格が悪いなんて言う迷信的なものがあるけど
私個人としては性格の悪い美人に出会ったことはなく
ある心理学者の著書を見ると、美人は産まれた時から
周りから優しい扱いを受けていて、それで性格が悪くなるはずがない
と言う説に納得できる。
今回亡くなられた彼女も私としては性格が悪いとは思えない。

と言うことは完璧に近い彼女だったけど
なぜか母子家庭で私の子供たちより少し若い子供たちを残しての旅立ちだった。
昔美貌と成績の良さと運動神経の良さががうらやましかった彼女だが
今はたぶん私の方が幸せ
人生どうなるかわからない
そんなことをも含めて天は二物を与えずと言うのかも知れないと
この年齢になって思ったりもする・・・

それでも
あまりに美しかった同級生を思う時
老婆になった彼女を見たくなかったからこれでいいのかも知れないとも思うけど
昔OL時代そこそこ美人の同僚がやけどなどで顔が醜くなるくらいなら
死んだ方がマシと言っていた
その言葉にうなずいていた私だけれど
今母となり守りたい存在があれば
化け物になったって子供を守るために生き続けたい
生きるために化け物になったって子供を守ることができるなら
私は化け物になる方を選ぶと思っている私にとって
亡くなられた同級生は子供のことがどんなに気がかりだっただろうかと思う。
美人でも何でもない普通のオバサンの私だけれど
きっと超美人だった彼女も子供を守るためなら化け物になったって生き延びたかっただろうなと思う。
彼女の残された子供さんたちの幸福と
彼女へのお悔やみの意味を込めて

合掌
スポンサーサイト

Comment

Post Comment

  (設定しておくと編集できます)
非公開コメント

Trackback